コロナ禍の不動産投資は正しいのか?~不動産種別抜粋ショートコラム編~
ホットニュース 編集部 · 626見る · 2022-01-16 10:34
皆さんこんにちは!今日も不動産投資を検討していますか?HouseFan編集部です。 年末よりコロナウイルスが一旦、落ち着いたと思われたころですが、新たな変異株が猛威を振るっていますね…。 本日ご紹介するのはコロナ禍の不動産投資は正しいのかというところです。現在のような状況で、どのような物件が強いのか、また、その失敗例などをご紹介したいと思います。

1 これまでの不況で投資家にどのような影響が出たのか

まず初めに、リーマンショックや株価の暴落などで、これまで多くの企業が倒産していきました。今回のコロナウイルスの流行の状況もよく似ています。 では不動産投資市場ではどのような影響が出て、どのような物件が生き残ったでしょうか? 2008年のリーマンショック時、日経平均株価は約40%も下がりました。 また、J-REIT(不動産投資信託)の下落幅は大きく、リーマンショック前のピーク時から70%近くも落ち込みました。

2 現在のコロナ禍での投資家の現状

新型コロナウイルスの流行と投資市場への影響等に係る不動産投資家の認識についての調査では「現在ネガティブな影響を受けており、この状況が当面は続く」と回答するのが最も多く、37.5%。一方、「ネガティブな影響を受けたが、その影響から脱しつつある」とする回答も一定の割合を占めた。14.0% しかしながら、新型コロナ禍の中、不動産投資市場にとってインパクトが大きかった事象としては、「世界的な渡航制限」(インバウンド需要の蒸発等)と売る回答が多かった。また、テレワーク普及に伴う構造転換の影響が大きいと思う事象として、「オフィスのスペックや機能等に対するニーズが多様化し精緻化する」といった回答も多かった。 新型コロナ禍での不動産投資家自身のスタンスについては、「投資姿勢に特段の変化はない」と回答が77.8%で最も多かった。

3 不況に強い不動産物件とは?

今まで、不況に強い、不況後すぐに平均賃料が上昇する物件はオフィス利用する物件でした。 しかし、平均空室率は30ヶ月ぶりに3%台に上昇しました。コロナ禍で閉業を余儀なくされた事業主も多く、空きオフィスや空きテナントの急増がささやかれています。 また、コロナ禍での外出自粛要請により、大企業を中心にリモートワークが一気に拡大しました。企業の在り方が多様になる一方で、オフィスというニーズは今後も顕著に推移する可能性が高いです。 そこで今回のパンデミック時に最も平均賃料が安定していた物件はズバリ、マンションです。特に東京のマンションは統計上15年間賃料がフラットに推移しています。過去の金融危機発生時にも急落することもなく最も安定しているといえます。 確かに、リーマンショック時には若干平均賃料は下がりましたが、それでも、減少率は3%程度です。しかし、家賃が下がったとしても、その後の景気回復によって徐々に戻っています。

4 まとめ

不況時でも住む家への需要は減りません。そのため、空室率は大幅に上昇することはなく、家賃も下がりにくいことから、と今日のワンルームマンションはリーマンショックやコロナ禍のような状況下においても安定した収入が見込めるのです。

次回予告!高輪ゲートウェイ駅、品川エリア再開発で賃貸需要の急上昇の予感?!

関連コラム

区分事務所 区分マンション 1棟商業ビル 1棟マンション 投資
不動産投資の種類はどんなものがあるの?人気のある不動産投資の種類から注目の投資方法までを解説!

不動産投資には様々な種類があるのをご存知でしょうか?一昔前であれば、不動産投資と言えば、地価の上がりそうな土地などを購入し、高値になった時に売却して利益を得るものというイメージでした。 現在は、どちらかと言えばマンションの一室を購入し、その家賃収入を得るという投資手法に人気があるようです。 今回は人気で注目を集めている投資方法をご紹介させていただきます。

ホットニュース 編集部 · 757見る · 2022-01-20 13:44 · 0コメント · 0いいね
不動産投資物件を購入するなら新築物件?中古物件?そんな疑問にお答えします!

「不動産投資物件を購入するなら新築物件が良いのか?それとも中古物件が良いのか?」 不動産投資を始めて間もない頃は、知識も経験も少ない状態ですので物件を選ぶ際も、色々な情報に左右されてしまうかもしれません。本記事では、不動産投資物件を購入する際、新築物件か中古物件かを悩んでいる方のために、新築物件と中古物件それぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

不動産百科 編集部 · 949見る · 2022-01-20 13:33 · 0コメント · 0いいね
不動産投資物件を始める際に注意しておきたい点を紹介します!

不動産投資は比較的安定した投資であると言われています。その理由の一つとして、株式投資やFX投資と比べて資産価値の変動幅が少ないことがあげられます。 ですが、不動産投資も資産運用の一種であるため、ある程度のリスクが発生します。そこで、本記事では不動産投資を始める際に注意しておきたいポイントを解説していきます。

不動産投資の始め方 編集部 · 144見る · 2022-01-20 13:18 · 0コメント · 0いいね
0 コメント
    ユーザー
    入力できます 255 文字